YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

3.5
review alldocube m8 imageAndroid

ということで、今回はGeekbuyingより「ALLDOCUBE M8」という8インチのAndroidタブレットを提供して頂いたので、諸々レビューしていこうと思います。

この「ALLDOCUBE M8」は、昨年の12月末に発売されたばかりの新型タブレットで、2万円以内で購入できるミドルレンジクラスのタブレットとしてはなかなかコスパに優れるモデルとなっています。

ただ実際に使用してみて、いくつか気になる点もありましたので、スペックをおさらいしつつ開封とレビューを始めます。

スポンサーリンク

スペック

alldocube m8 image00-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

ALLDOCUBE M8
OSAndroid 8.0
ディスプレイ8インチ IPS
1,920 × 1,200
CPUMediaTek Helio X27
1.6-2.6Ghz(10core)
RAM3GB
内部ストレージ32GB eMMC
外部ストレージ microSD
(最大128GB)
カメラリア 5MP
フロント 2MP
ポートmicroUSB
イヤホンジャック
その他デュアルSIM
対応バンド【4G-LTE】
1/2/3/5/7/8/20/40【3G-WCDMA】
1/2/5/8
バッテリー5,500mAh
サイズ縦241 × 幅171 × 厚み8.7mm
重さ353g

スペックについてはこのような感じになっています。

採用されているのがMediaTek製のX27というCPUで、性能的にはミドルレンジクラスとなっています。

一応先に実機で測定したAntutuベンチマークの結果を貼っておきます。

alldocube m8 antutu-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。これで見ると最近のスマホに多く見られるSnapdragon 636に近い数値となっていますので、低価格帯のタブレットとしてはまずまずの性能ではないでしょうか。

RAMやストレージなどもミドルクラスとしてはまずまずですし、ベンチマークから言えばファーウェイの「MediaPad M3」に搭載されるKirin 950より気持ち低いくらいで、RAMやストレージも同じだけどより安価ということを考えれば十分かと思います。

またこの価格でLTEにも対応していますので、8インチでLTE通信が可能なミドルレンジタブレットとしてはかなりコストパフォーマンスは良いと思います。

個人的に嬉しいのは独自UIなどを搭載していないAndroidタブレットというところですね。

ということで、開封していこうと思います。

スポンサーリンク

開封

今回はDHLを利用しています。

review alldocube m8 00001-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

SMSで発送状況を通知してくれるのって便利ですよね。
選択できる場合には、海外通販サイトでは大体DHLを利用しています。

早速取り出して化粧箱から。

review alldocube m8 00002-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

かなりシンプルな作りです。
サイドにシールが貼ってある以外は、とくに印字などはありませんでした。

蓋を開けてみます。

review alldocube m8 00003-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

こちらもかなりシンプルな感じですね。

まずは内容物を確認します。

review alldocube m8 00004-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

取説にmicroUSB/USB-Aコード、丸型の充電器となっています。
基本的には中国国内向け製品なので、仕方ないところです。

ではようやく本体の外観をチェックしていきます。

スポンサーリンク

外観チェック

review alldocube m8 00005-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

実は最初ただのフィルムかと思ったんですが、画面保護シートが貼り付けられていました。

追加で画面保護シートを購入する必要がないのは嬉しいですね。

では側面を見ていこうと思います。
まずは側面上部から。

review alldocube m8 00006-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

なんとこちらにmicroUSBポートがあります。あとはイヤホンジャック。

このあたりの作りはなんとなく「Kindle Fire HD 8」と似た感じです。

次は本体右側面。

review alldocube m8 00007-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

こちらは電源ボタンとボリュームキーです。

隣の穴がてっきりSIMスロットのやつかと思いましたら、リセットボタンでした。

そして本体下側面。

review alldocube m8 00008-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

こちらにはスピーカーがついています。

そして背面です。

review alldocube m8 00018 1-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

全体的に結構プラスチッキーな感じです。
それこそ「Fire HD」と同じような感じですが、「ALLDOCUBE M8」の方がもう少ししっかりしている印象ですね。

本体左側面には何もないので割愛しますが、そう、SIMスロットはどこなの?と思った方もいるでしょう。私もそうでした。

…こんなところにあったんです。

SIMスロットはここ

review alldocube m8 00014-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

何となく取れそうだなあと思ったので、フチを滑らせるように爪を入れたらパカっと外れました。

review alldocube m8 00015-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

MicroSDもここに入れることになります。
頻繁に出し入れするわけではないのでそこまで気にすることもないとは思いますが、ちょっと予想外でしたので取り上げておきます。

ちなみに楽天モバイル(ドコモ系)では一応4Gの通信は確認していますが、対応バンドがソフトバンク系に比べて少ないので、常用を考えるのであればソフトバンク系SIMの方が良いかと思います。

スポンサーリンク

起動させてみる

ということで、電源を入れてみます。

review alldocube m8 00010-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

中国メーカーとしては珍しく独自UIを採用しないタブレットとなっているので、嬉しい方も多いと思います。

review alldocube m8 00013-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

初期設定ではしっかり日本語を選択できるようになっていますので、使用のハードルもそこまで高くないのが嬉しいですね。
後ほどランチャーのスクリーンショットも載せますが、Google Playストアも標準でインストールされています。

review alldocube m8 00011-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

ということで、無事に起動することができました。

まずアプリランチャーの初期画面。

Screenshot 20190123 154556-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

本当に純粋にアンドロイドアプリとなっています。

ただOSのバージョンがAndroid 8.0に留まっているのが残念なところです。

一応、システムのアップデートをかけたんですが、セキュリティパッチも2018年2月5日で止まっています。

alldocube m8 system ss-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

うーん、せめて8.1にアップデートできればよかったんですけどね。
この記事を書いている時点(2019/01/23)では、とくに変化ありません。

スポンサーリンク

手持ちの8インチと比較

ということで、8インチと言えば以前記事にもしている「Huawei MediaPad M3 Lite 8」と「Amazon Kindle Fire HD 8」を持っていますので、ざっくりと比較しておきます。

review alldocube m8 00016-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

左から「M3 Lite」、「M8」、「HD 8」となっています。

この中で値段の高い「M3 Lite」は質感もしっかりしていますし、全体的な仕上がりは「M8」を上回っています。
ただ価格差を考えれば、「M8」は健闘していると言えますし、とくにLTE対応モデルと比較するとその差は大きくなるので、価格を抑えつつ必要最低限の性能が欲しいという方は「M8」という選択肢として悪くないと思います。

「HD 8」から対すると、純粋なAndroidなのでアプリなども豊富ですし、ディスプレイのクオリティなどは「M8」の方が上なので、価格差の分性能が上がっているという感じで良いと思います。

review alldocube m8 00017-中華タブレット「ALLDOCUBE M8」を実機レビュー!8インチだし、スペックと価格を考えれば悪くないかも。

私の手持ち機種の中での立ち位置で言えば、「M3 Lite」と「Fire HD 8」の中間という感じの機種ですね。

性能面でもそんな感じですし、本体の雰囲気というか作りと価格面においてもちょうど間くらいだと思います。

スポンサーリンク

実際に触ってみて

性能面でも数値からわかるとおり、「Huawei MediaPad M3 Lite」とそう違いはないので、ネットしたりニュースアプリや動画閲覧などをしても特に動作が重いこともないですし、複数アプリを起動しつつあれこれしてもそんなに気になることはありませんでした。

ただゲームとなると、重いものはキツいと思うのでゲーミングタブレットとして考えている方には向かないと思います。

独自UIではないのでピュアなAndroidに慣れている方は扱いやすいと思いますが、Android8.0のままでセキュリティパッチが当たらないので、今後の対応次第ですが長く使うとなると苦しいかもしれないのが正直なところです。

しかし価格を考えれば、2万円以内でLTE対応の8インチなコンパクトタブレットが購入できるのは大きなメリットだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ということで今回は「ALLDOCUBE M8」の開封とレビューをお届けしました。

ぶっちゃけ、3万円くらいまで出せるなら、「Huawei MediaPad M3 Lite」のLTEモデルを買うほうが全体的なクオリティは上ですのでそちらをおすすめしますが、ちょっと間に合わせでLTE対応タブレットかつ8インチとかコンパクトなモデルがほしいと思ったら「ALLDOCUBE M8」はアリだと思います。

もし2万円台で使えるLTE対応の8インチAndroidタブレットをお探しなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。