Google ニュース でも配信中!

Amazonタイムセール祭りで対象のChromebookをまとめ。「FMV Chromebook」がお買い得

Amazonタイムセール祭りで対象のChromebookをまとめ。今回も「FMV Chromebook」がお買い得 2022年8月27日セール・クーポン

本日から8月29日(月)までの3日間、アマゾンにて開催されているAmazonタイムセール祭りで特選タイムセールとなっているChromebookをまとめていきます。今回のセールでもいくつかの機種がお買い得となっていますが、今回のセールでも群を抜いてお買い得といえるのは「富士通 FMV Chromebook WM1/F3」シリーズです。

スポンサーリンク

富士通 FMV Chromebook WM1/F3

「富士通 FMV Chromebook WM1/F3」は、14インチにCeleron 6305、4GBRAM/64GBストレージを搭載したスタンダードなChromebookです。しかし他のスタンダードモデルと違う点は、搭載されている日本語配列キーボードはしっかりとキーピッチが確保され、キーによって押下圧を変えるなどかなりの工夫とこだわりを感じる仕上がりになっています。日本語配列キーボードでなければならないユーザーであれば間違いなくオススメでき、筆者としては今回のセールでは真っ先に検討すべきモデルだと思います。

今回のセールでは、タッチ非対応モデルが31,900円、タッチ対応モデルが34,900円となっていて、この価格差であればタッチ対応モデルを購入するほうが良いと思いますが、とにかく予算を抑えるなら非タッチモデルでも十分アリです。

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook

「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」は10.1インチのタブレットデバイスで、着脱式キーボードとカバーを備えたエントリークラスのChromebookです。すでに多くのメディアなどで紹介されているため詳細は省きますが、セール価格は29,800円とそれなりに手頃感はあります。

ただ、後継モデルがリリースされていることや時折セールでもう少し安くなったりすることもあるため注意が必要ですが、今すぐ欲しければ悪い選択肢ではありません。

HP Chromebook x360 14c

今回紹介するモデルの中で最もハイエンドとなるのが14インチ「HP Chromebook x360 14c」です。2モデルが対象でCore i3モデルが77,220円、Core i5モデルが87,120円となっています。昨今の情勢を考えるとどちらもお買い得にはなっていて、HP公式ストアでは終売になったモデルですのでこのタイミングで購入するのも悪い選択肢ではありません。

やや重たいのはネックですが、筆者的には今でもオススメできる1台です。CPUもレビュー当初からアップグレードされていますので。

ちなみに性能とコストのバランスを考えるとCore i3モデルでも十分だと思いますが、長く使いたい人やLinux運用を考えている人はCore i5モデルのほうがオススメです。

その他のモデル

お買い得にはなっているけど、今回のセールでは少し悩ましいChromebookもまとめておきます。

スポンサーリンク

Lenovo IdeaPad Duet 560 Chromebook

64GBストレージモデルがセール価格は66,799円となっていますが、なぜか128GBストレージモデルは64,000円と価格が逆転しています。どちらもAmazonフルフィルメントですので、もし購入するなら128GBストレージのほうが良いでしょう。

ASUS Chromebook Flip CX3(CX3400)

14インチのハイスペックモデルで、セール価格は84,800円となっています。ただ、8月31日まではASUS Storeで開催されているセールのほうが74,800円とお買い得ですので、もしこのモデルを購入しようと思って金額を抑えたいのであれば公式ストアから購入をおすすめします。

HP Chromebook x360 14b

こちらは14インチのスタンダードモデルでも上位の性能を持ち、セール価格も56,520円とお買い得にはなっていますが、28日(日)までであればHP公式ストアの週末限定セールのほうがわずかに安価に購入できます。なのでこのタイミングで購入はおすすめしません。

ということで、本日(2022年8月27日)から8月29日まで開催されているAmazonタイムセールで対象となっているChromebookのまとめ(2022/08/27 9:30時点)でした。

今回のセールでは間違いなく「富士通 FMV Chromebook WM3/F1」が狙い目ですので、この機会に検討してみてください。