Google ニュース でも配信中!

ChromeブラウザのサイドパネルでWebページを開くことができるようになりました

ChromeブラウザのサイドパネルでWebページを開くことができるようになりましたChrome

最近、Googleはリーディングリストやフィードといったオプションがサイドパネルに追加されています。すでにいくつかStableで試すことのできる機能もありますが、今回はChrome CanaryにてサイドパネルでWebページを開いて表示できるようになったことが報告されました。

スポンサーリンク

この機能の説明は「URL バーを使用して、任意のWebコンテンツを読み込むため」のオプションとなっていて、実際に試したところ説明どおり検索ができるわけではなく、URLを入力することでそのサイトやページをサイドパネルで開くことができるというものでした。

ChromeブラウザのサイドパネルでWebページを開くことができるようになりました

サイドパネルを開くと、リーディングリストやブックマークに加えて「Webview」というオプションが追加されているため、それを選択するとお馴染みdinoのゲームが表示されています。”chrome://dino/”の部分はフォームになっているため、そこにURLを入力することでサイドパネル内でWebコンテンツを読み込むことができます。

ChromeブラウザのサイドパネルでWebページを開くことができるようになりました

試しに自分のサイトを読み込ませてみましたが、ちゃんと表示されました。もちろん、このままサイドパネル内でページの遷移もできました。正直、PCビューとスマホビューの比較をするときなどには便利かもしれませんが、ここまでやるなら新しいウィンドウを使ったほうが早い気がしなくもない。

スポンサーリンク

とりあえず試すことだけはできましたが、現時点では実験的な機能として追加されているため、今後のアップデートで実装されるかどうかはまだわかりません。一部の人にとっては便利かもしれませんが、ほとんどの人にとってはそこまでな機能ですので、ここで消える可能性は大いにあります。

なお、これを試すためにはChrome Canaryを使用して #side-panel-web-view を有効にする必要があります。

ChromeブラウザのサイドパネルでWebページを開くことができるようになりました

ChromeOSでも試すことができるようですが、手持ちのデバイス(Pixelbook)のCanaryでは試せなかったので、今回はMacOS(Apple Silicon)のChrome Canaryを利用して試しました。

Source: Chrome Story

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chrome
HelenTech