Snapdragon 8 Gen 1搭載の「Samsung Galaxy Tab S8+」がGeekbenchに登場

Samsung Galaxy Tab S8 plus apear geekebcnhAndroid

サムスンが来年1月中に発表する予定とされているAndroidタブレット「Galaxy Tab S8」シリーズについて、これまでに何度かリークされていますが今回は「Galaxy Tab S8+」のベンチマークがGeekbenchに登場しました。

このベンチマークスコアから、「Galaxy Tab S8+」にはQualcommの最新チップセットとなるSnapdragon 8 Gen 1を搭載していることがわかりました。

スポンサーリンク

このデバイスはSM-X808Uと名付けられていて、シングルコアスコアが1,223、マルチコアスコアが3,195という結果になっています。

Snapdragon 8 Gen 1搭載の「Samsung Galaxy Tab S8+」がGeekbenchに登場

また8GBRAMを搭載し、Android 12(そしておそらくOne UI 4)で動作していることもわかります。

Geekbenchからわかったことは以上ですが、これまでに「Galaxy Tab S8+」は12.4インチに120HzリフレッシュレートをサポートするAMOLEDディスプレイ、45W充電対応の12,000mAhバッテリーを搭載すると言われています。

「Galaxy Tab S8+」は8GBRAMと128GBストレージの組み合わせのみで、「Galaxy Tab S8+」シリーズの中ではミッドレンジに位置するようです。

Androidタブレットとして有能なSamsungのタブレットですが、前モデルとなる「Samsung Galaxy Tab S7」シリーズは日本では未発売となっています。

そのため「Galaxy Tab S8」シリーズも日本発売の可能性は低いと考えられますが、Androidタブレットの選択肢として良いモデルですので、発売を期待したいものです。

Source : Geekbench

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Android
HelenTech