スポンサーリンク

サムスンが「Galaxy Chromebook Go」をラインナップに追加、LTE対応モデルもあり

samsung-release-galaxy-chromebook-go-usChromebook

ハイエンドだけでなくスタンダードなモデルまで幅広くリリースしているサムスンが、大きな発表もなく「Samsung Galaxy Chromebook Go」を製品ラインナップに追加しています。

このモデルはインテルのJasper Lake世代のCeleron N4500を搭載し、オプションでLTEをサポートすることが特長です。

「Galaxy」の名前はハイエンドモデルに付けられると思っていましたが、正直なところ「Galaxy Chromebook Go」はわりと地味な印象です。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ14インチ
1,366 × 768
CPUCeleron N4500
RAM4GB / 8GB
内部ストレージ32GB / 64GB / 128GB
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
nanoSIMスロット
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.1
(オプション)LTEサポート
バッテリー42.3Wh
サイズ327.1×225.6×15.9mm
重さ1.45kg

プレスリリースに掲載されている「Samsung Galaxy Chromebook Go」のスペックは、14インチのHD(1,366×768)にCeleron N4500、最大8GBRAMと最大128GBストレージを搭載するスタンダードなものとなっています。

ただ、14インチなのにフルHDではなくHDしかないのが気になるところで、ディスプレイはおそらくノングレアタイプになるため、色味や見え方が心配です。

サイズは違いますが、「Samsung Chromebook 4+」みたいな感じになるように思います。

Wi-Fi 6やBluetooth 5.1のサポート、オプションでLTEをサポートするというのが特長ですが、キャリアの対応バンドについてはまだ明らかにされていません。

スポンサーリンク

しかしこれまで北米市場でリリースされているSamsungのLTE対応Chromebookは、日本のバンドに合うものがほぼなかったので、今回もあまり期待はできません。

現時点では価格と発売日については公開されていませんが、公式ストアに掲載されスペックもほとんどが出ているので、近いうちに発売となる可能性は高いです。

興味のある方はSamsung公式のプレスページをチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech