YouTube始めました!チャンネルはココから

シャープとDynabookが「Chromebook C1」を教育向けに発表。Snapdragon 7c搭載LTEサポート

sharp-dynabook-c1-release-japanChromebook

先日取り上げてましたが、021年2月に発売予定となるシャープとDynaBookが共同で開発し「Dynabook Chromebook C1」が正式に発表され、スペックなども明らかにされました。

「Dynabook Chromebook C1」は、”GIGAスクール構想”向けとして、Snapdragon 7cを搭載したLTE対応モデルとなります。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ11.6インチ
1,366 × 768
CPUSnapdragon 7c
RAM4GB
内部ストレージ32GB
外部ストレージmicroSD
カメラ1MP Webカメラ
5MPカメラ
ポートUSB-C ×1
USB-A ×1
イヤホンジャック
nanoSIMスロット
ネットワークWi-Fi ac
Bluetooth 5.1
その他(オプション)本体収納式スタイラスペン
サイズ286×206×19.8mm
重さ1.35kg

現在公開されているスペックは以上になります。

11.6インチでコンバーチブルタイプのChromebookとしては標準的といえる、4GBRAMと32GBの内部ストレージが搭載されていますが、CPUがSnapdragon 7cである点は、Acerに続き2台目となります。

国内外でも2機種目の採用となるSnapdragon 7cの性能がどの程度になるかはまだわかりませんが、エントリークラスのモデルとして考えておけば問題はないはずです。

何よりもLTEをサポートしている点に強みがあり、教育向けということもあってWi-Fiやネット環境が整っていない家庭でも、学習が行えます。

スポンサーリンク

またWebカメラだけでなく5MPのアウトカメラも搭載しているため、屋内外での授業でカメラを兼ねてを活用できるのも「Dynabook Chromebook C1」の利点です。

オプションで本体収納式のスタイラスペンを選択でき、しかもこのペンは収納しながら自動で充電が可能というChromebookとしては初の機能が搭載されています。

しかもこのスタイラスペンは15秒チャージで約45分利用できる高速充電にも対応しています。

教育向けとしてだけでなくビジネスや一般ユーザー向けとしても販売して欲しいくらい良さそうなデバイスですが、残念ながら現状では教育以外へのアナウンスはありません。

価格については不明ですが、発売時期は2021年2月以降となっていてます。

まさか国内メーカーからSnapdragon 7cがいきなり出てくるとは思いませんでしたし、収納充電式スタイラスペンなど非常に面白いモデルだと思います。

詳しくはDynabookのプレスリリースをご覧ください。

レビューしてみたいな…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech