スポンサーリンク

TCLが「TCL 20 5G」と「TCL 20 SE」の2種類のスマートフォンを発表

TCL-release-tcl-20-5g-20-seAndroid

昨年グローバルで発売されているスマートフォン「TCL 10」シリーズの後継機として、新たに「TCL 20」シリーズのうち「TCL 20 5G」と「TCL 20 SE」が発表されました。

「TCL 10」に関しては、日本でも遅れて販売された経緯がありますので、「TCL 20」も期待できます。

スポンサーリンク

スペック

TCL 20 5GTCL 20 SE
OSTCL UI
Android 10
TCL UI
Android 10
ディスプレイ6.67インチ
フルHD+
HDR 10
6.82インチ
HD+
CPUSnapdragon 690Snapdragon 460
RAM6GB4GB
内部ストレージ128GB UFS 2.1
256GB UFS 2.1
64GB eMCP
128GB UFS 2.1
外部ストレージmicroSDmicroSD
リアカメラ48MP
8MP(広角)
2MP(マクロ)
16MP
5MP(広角)
2MP(マクロ)
2MP(深度)
フロントカメラ8MP8MP
ネットワークWi-Fi ac
Bluetooth 5.1
Wi-Fi b/g/n
Blueooth 5.0
ポートUSB-C
ヘッドフォンジャック
USB-C
バッテリー4,500mAh
18W QC 4.0
5,000mAh
18W急速充電
その他指紋センサ
NFC
指紋センサ
NFC
サイズ166.2 x 76.8
x 9.1mm
172.08 x 77.14
x 9.1mm
重さ206g206g
価格299ユーロから149ユーロ

どちらもフラッグシップモデルではなく、エントリー〜ミッドレンジに位置するお手頃価格のスマートフォンとなります。

「TCL 20 5G」は、名前のとおり「TCL 10 5G」の後継機種として、Snapdragon 690を採用して5Gサポートのミッドレンジスマートフォンとなります。

このモデルはTCL独自のディスプレイ最適化テクノロジー(NXTVSION 2.0)を備え、HDR10動画再生のサポートと、SDRからHDRへの変換ツールも利用できます。

なおパンチホールディスプレイとなっていて、リフレッシュレートは一般的な60Hzとなっているようです。

ちなみにサポートするバンドは以下のとおりです。

  • 3G:B1 / 2/5/8
  • 4G:B1 / 3/5/7/8/20/26/28/32/38/40/41
  • 5G:n1 / 3/5/28/41/78

価格はベースとなる6GBRAM+128GBストレージモデルが299ユーロから販売され、今後数ヶ月で複数の国で販売予定となっています。

スポンサーリンク

エントリークラスと言える「TCL 20 SE」は、Snapdragon 460を採用し、より手頃な価格の4Gスマートフォンです。

ディスプレイは6.82インチにHD解像度、水滴ノッチを採用しています。

こちらもディスプレイ最適化テクノロジーを備えているため、SDRからHDRへの動画変換機能があるとしています。

バッテリー容量が5,000mAhと比較的大容量で、最大18Wの高速充電をサポートしています。

対応バンドは以下のとおり。

3G:
EMEA:APAC:B1 / 2/5/8
ラテンアメリカ:B1 / 2/4/5/8
4G:
EMEA / APAC:B1 / 3/5/7/8/20/28/38/40/41
ラテンアメリカ:B1 / 2/3/4/5/7/8/12/13/17/26/28/66

価格は149ユーロから、1月末から販売が開始されることがわかっています。

なおどちらの機種も、今後Android 11にアップデートされることが公表されていますので、安心して使うことができるのも利点です。

もし「TCL 20 5G」と「TCL 20 SE」に興味を持たれたとしても、前モデルが日本でもリリースされている点を考えると今回の2機種も販売されそうな気がしますので、すぐに海外から購入するよりも様子見したほうが良さそうですね。

Source: プレスリリース

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech