「Xiaomi Mi Band 3」を1週間使い続けてみたので気づいたことをレビューしていく

「Xiaomi Mi Band 3」を1週間使い続けてみたので気づいたことをレビューしていく ウェアラブル

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

7月のはじめに入って、Geekbuyingからサンプルを提供してもらったXiaomi(シャオミ)がリリースしたスマートバンド「Xiaomi Mi Band 3」ですが、届いてから1週間使い続けてみました。

私はそれまでも、同じくシャオミの「Xiaomi Mi Band 2」というこれの前モデルを使っていたので、比較しつつ良かったところと気になったところについて、簡単にレビューしていこうと思います。

ちなみに購入時の初見レビューと前モデルについてはご興味ある方はこちらもごらんください。

シャオミのスマートバンド「Xiaomi Mi Band 3」が届いたので実機レビュー!
みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。さて、当ブログでも何故か人気の高いシャオミのスマートバンド「Mi Band 2」ですが、その後継機種となる「Xiaomi Mi Band ...
今さらXiaomiの「Mi Band 2」を購入してしまったのでレビュー
みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。実は健康維持のために夕方ランニングというか最近流行りのスロージョギングをはじめました。まあいろいろウェアをユニクロで揃えたりしたわけなん...

ということで、今回は「Xiaomi Mi Band 3」を実際に使ってみて良かった点と気になった点についてレビューしていきます。

スポンサーリンク

「Mi Band 3」の良かったところ

まずは良かったところから。前モデルの「Mi Band 2」と比較しながら書いていきます。

画面が大きくて見やすい

これはメーカー側も前モデルより改善したポイントとして推していますが、実際に使ってみると確かに大きくなって見やすくなっています。フォントもよりキレイにくっきりと見えるようになりましたし、LEDもブルー系になっているので視認率が向上しているように感じました。
画面が広がったことで表示できる情報量も増えたので、通知機能などもより便利に活用できるようになったと思います。

タッチ操作で切り替えがラク

前モデルはタッチと言ってもボタン部分のみで操作し、一方通行の表示切り替えしかできませんでした。
しかし「Mi Band 3」は、スクリーン上でのスワイプ操作に対応しているので一方向ではない切り替えができるので、目的の表示にたどり着きやすくなっています。

また、どこの画面にいてもボタンをタッチすれば時計画面に戻りますので、使い勝手は改善されていると思います。

画面が勝手に切り替わらない

これは一つ前の良いところに通じるものですが、スワイプ操作に対応となったことと腕を回すようにして画面を切り替える機能がなくなったことで、ランニング中やシャワー中など何か作業をしているときでも勝手に画面が切り替わらないようになりました。

前モデルは見たいときにふと画面が変わってしまうということがありましたので、「Mi Band 3」ではそういうことがほとんどなくなったのでちょっとしたときに確認するのもラクになりました

通知内容が読める

これが何よりも便利だと思いました。本体の表示は未だ中国語のみですが、通知される内容は英語だけでなく日本語にも対応しているので確実に内容をつかむことができます。

実際の画面は下記のような感じ。

「Xiaomi Mi Band 3」を1週間使い続けてみたので気づいたことをレビューしていく

前モデルは、通知があった際に表示されるものはアプリアイコンだけでしたが、今回はしっかりと内容が表示されます。

これによって以前のように通知が来たようだから…と結局スマホを手にとって確認する手間がなくなり、手元を見て必要ならスマホというように情報の取捨選択がしやすくなりました。

バッテリーの持ちが良い

これは前モデルのときも同じですが、スクリーンサイズが広がった「Mi Band 3」も相当持ちが良いと思います。

「Xiaomi Mi Band 3」を1週間使い続けてみたので気づいたことをレビューしていく

これは実際に私の手元に届いたときに一度100%にし、それから一度も充電せず本日に至っています。

ただ私はレビューのため、10分間に1度の自動心拍測定機能をオンにしていたのでバッテリーの残量的には公称値より少なくなっています。

といっても、自動心拍測定を使っていても1日あたり約10%の消費ですから単純に10日は持ちますね。オフにしていれば、もう4〜5日は持ちそうですので、月に2〜3回充電すれば良いと考えればこの手のスマートバンドとしては十分すぎるものと思います。

スポンサーリンク

気になったところ

ここからは気になったところをまとめていきます。
正直なところ、前モデルの「Mi Band 2」から考えると全体的にクオリティも向上しているので比較して考えるとほとんど気になるところはありませんでした。

しかし使って行く中でどうしても気になるところは出てきましたので、そのように書いていこうと思います。

腕を持ち上げたときの画面表示が少し遅い

この点に関しては購入時レビューでも触れていますが、「Mi Band 2」から見るとかなり改善されていると思います。
といってもどうしてもワンテンポ遅れるときがあったり、そもそも反応しないこともあるので、結局タッチする必要が出てくるというところ。

レビューで使用するまでは、「Nokia Steel」を使っていたので時計機能としてはそちらがやはり上になりますね。

とはいっても、使えないというわけではないですし、前モデルよりもマシになっていると思うので、この点はそこまで気にすることもないかと思います。

ときどきスワイプ操作がうまくいかない

これについては感度の問題かもしれませんが、縦のスワイプについてはそこまで悪くないと思います。
しかし横のスワイプ、例えば歩数から距離・バッテリー残量を見る場合など、たまに反応が悪く切り替わらないことがありました。
ただこれも問題ないことも多いので、そこまで問題視することもないと思いますが焦ってやると失敗するかもしれませんね。

バイブレーションが弱い気がする

「Mi Band 2」と着けてみましたが、何となくバイブレーションが弱い気がしました。表現の仕方が難しいですが、なんというか振動が細いように思います。
とくに雑多な場所で意識が他を向いているときだと気付かないくらいです。良いような悪いようなところだと思いますが、アラームなども含めてそう感じるので、もう少し強めでも良かったかなあと思います。

回数は少ないが充電は手間

そもそも充電回数は月2〜3回で済みそうなので、毎日やるよりはマシですがどうしても面倒に感じるのが充電です。

「Xiaomi Mi Band 3」を1週間使い続けてみたので気づいたことをレビューしていく

例のごとくバンドから取り外して専用充電USBケーブルに挿すわけですが、取り外すのに硬いので結構手間です。
バンドが硬いイコール防水性や耐久性も保証されているようなものですが、ちょっと改善の余地はあるかもしれません。

とは言うものの、「Mi Band 2」に比べて本体を囲む部分のシリコンが薄くなっているので取り外しやすくなったとは思うのですが、あまり力任せに引っ張ると切れそうな感じを受けるので気をつけないといけないのも少々面倒です。

大体はこんな感じですかね。
高級なスマートウォッチと比較すればできることにも限りがありますが、低価格帯のスマートバンドというジャンルにおいて「Xiaomi Mi Band 3」はかなり優良なものだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりと1週間使ってきた感想をまとめてきましたがいかがでしょうか。

正直なところ、これで本体価格が5,000円以下で購入できると思えば安いものですし、この価格だからこそ気になる範囲も許容できると思います。

この「Xiaomi Mi Band 3」は、スマートバンドというジャンルに初めて興味を持つ方や、そもそもウェアラブルってどんなものかを試してみたい方にはオススメのひとつだと思います。

もちろん、存在は知っているしいくつか試したけど、低価格で使えるものを探している方や使い捨てでも良いけどそれなりにバランス良いものを探している方にも良いかと思います。

ただ唯一の欠点は、現時点ではスマートバンドの表示画面は日本語設定ができないので、英語や中国語表示に抵抗がある方にはちょっと合わないかもしれません。
また私の持っている中国語版も英語表示ができるアップデートは2018/07/09現在まだ来ていないので、それまでしばし待つ必要があります。

コストパフォーマンスを考えると、欠点を補って余りあるメリットがあると思いますので、とくに初めてスマートバンドに触れる方はコレを選んでおけば間違いはないんじゃないかなと思います。

Amazonなどでも「Xiaomi Mi Band 3」は販売されているようですが、まだ正規販売ではないことと、モデルがInternational版か中国語版かはっきりしないところに注意してください。

個人輸入に抵抗がなければ、当ブログにクーポンを提供して頂いているGeekbuyingなどで購入するのも良いかと思います。
ちなみに以前提供して頂いているクーポンを利用すれば、本体価格は約3,600円程度になりますのでぜひご活用ください。

Geekbuyingのクーポンはこちら↓
WIZNGAUL

製品ページはこちら↓

「Xiaomi Mi Band 3」 @Geekbuying