Bluetoothワイヤレスイヤホン「OVEVO X9」が低価格ながら使いやすくてオススメ。Geekbuyingでクーポン割引あり!

Bluetoothワイヤレスイヤホン「OVEVO X9」が低価格ながら使いやすくてオススメ。Geekbuyingでクーポン割引あり! ウェアラブル

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

今回はBluetoothのワイヤレスイヤホン「OVEVO X9」をGeekbuyingより提供していただいたので、開封しつつざっくりとレビューしていこうと思います。

このイヤホンは雨の日はもちろんのこと、水泳などでも耐えれるようなIPX7相当の防水性能を有していること、内蔵メモリが8GBあるためPCで先に保存しておけば、スマートフォンなどと連携しなくてもイヤホン単体で音楽が再生できるなどの機能があります。

ということでまずは「OVEVO X9」のスペックを簡単にまとめ、その後に開封、レビューと書いていきます。

スポンサーリンク

「OVEVO X9」のスペック

ざっくりとスペックを紹介していきます。

  • 5m防水(IPX7相当)
  • 内蔵メモリ8GB
  • 再生可能ファイル MP3 / WMA / WAV / APE / FLAC
  • バッテリー駆動約8時間
  • Bluetooth4.2による接続
  • 5,000円以下の低価格

このような感じのワイヤレスイヤホンです。
おそらく低価格帯のイヤホンとしてもまずまずの良さかと思います。

ただ本体のサイズが幅5.4×縦3.8×厚み3cmとやや大きめで32gということが少々気になるところでしょうか。
この辺のサイズ感はこれから開封していくにあたって写真を見てもらえればわかるかと思います。

スポンサーリンク

「OVEVO X9」の開封

ということでさっそく開封を進めていきます。

こちらが外箱のオモテ側となります。
中国語と英語表記ですが、なんとなくイメージが伝わるかと思います。

そしてウラ面へ。

全体を写そうと思いましたが、ここ以外はとくに記載がなかったので一部分だけアップにしています。
ここでは日本語でスペックが書かれていました。こちらでも大体の性能がわかるかと思います。

ではさっそく箱を開けてみます。

開けるとこんな感じで本体が入っています。厚手のプラスチックでカバーされてるあれです。
この時点でイヤホン本体がわりと大きめな感じが見て取れるかと思います。

ということでカバーを外してみました。

こんな感じでハート型でちょっと可愛く入っています。
やっぱり本体部分は大きく見えますよね。ということで取り出してみます。

中身はこんな感じ。microUSB端子のケーブルと替えのイヤーピースがついています。やっぱり本体大きいよね。
ということで開封についてはこれまで。本体の細かいところを見ていこうと思います。

スポンサーリンク

「OVEVO X9」の本体

ではさっそく気になる大きさを見てみましょう。
ちょうど良い比較対象がなかったのでどうしようかと思いましたが、よくあるサイズのUSBメモリがあったので並べてみました。

大体横幅が4cmとなっています。やっぱりこうやって見てみると大きいですよね。ただ実際につけた感じではそこまで気にならなかったので、この辺の使用感は後ほどまとめていきます。

本体の上部はこのようになっています。オレンジ部分は充電時に点灯するLED、ボリュームボタン、電源ボタンがあります。
LEDは充電時の他、起動時にも点灯するのでパッとみでわかりやすくなっている点は良いかと思います。

こちらが本体の下部。microUSBの充電コネクタがあり、シリコン製カバーによって守られています。ここも後ほどのメリットとして挙げていますが、この手のカバーは取れてなくなる不安があったりますが、この「OVEVO X9」はしっかりくっついているのでその心配はなさそうです。

またケーブル部分ですが、左側から右側までだいたい45cmほどの長さになっていますので、ケーブルを前に垂らしても後ろに回しても短くて引っ張られるというようなこともありません。

ということで、ざっくりとした使用感を良いところ、気になったところでまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

「OVEVO X9」の使用感:良いところ

実際に数日使ってみて良いと思う点、気になる点をいくつか挙げていこうと思います。
もちろんこの機種に限らずということもありますが、あくまで個人的な感想としてご覧ください。

付け心地はなかなか良い

大きさはあるものの、いざつけてみるとフィット感というか付け心地自体は悪くありません。
イヤーフックもあるので落ちにくいですし、普段使いだけでなくスポーツやアクティビティの際に着用してもズレにくそうなので良いかと思います。

遮音性が高い

必ずしもメリットではないかもしれませんが、大きさのおかげで周りの音をうまくシャットアウトしてくれます。何かに集中したいときや、周りの音が気になるときに音楽を聞いたりという使い方をするのであればよいかと思います。
ただこれを着けて自転車など乗り物に乗るというのは危険な気がしますね。当然ですが。

充電中のLED点灯がわかりやすい

これが意外と便利なんですよね、大型なので点灯している様子も見やすいように思います。また充電開始・終了時には音楽というか効果音が流れるので、ここもわかりやすいと思いました。
充電といえば先程少し書きましたが、充電コネクタ部分のカバーがしっかりとついてるため失くしにくくなっているのも良いところかも。

内部メモリが存在する

これは使う方もいれば必要ない方もいると思います。しかし好みの曲を保存しておけば、スマホの電波やバッテリーを心配する必要がなくなるというのは良いところかと思います。
またこのメモリはChromebookやChromeboxでもアクセスできたので、普通の外部ストレージとして使うことも可能です。いざというときに何か保存しておく…というのも良いかも。

防水機能があるので安心

おそらく水泳などでこの手のイヤホンをつけたままという方は少ないかもしれませんが、突然の土砂降りだったり水場で落としてしまったりした際に、IPX7相当の防水機能があるので安心度は高いです。特にこの時期はゲリラ豪雨などでズブ濡れになる可能性もありますから、この機能はある方が便利ですよね。

音質、特に低音がなかなか良い

正直なところ音質をどう表現していいかわからないところですが、低い音でもしっかりと響く感じで聞こえますし、高音域も割れたりせずに聞こえます。
低価格イヤホンにありがちな軽い音ではなかったので、ここは思わぬ良いところだったと思います。

ただ価格なりといえば価格なりですので、音質にこだわる方からすれば全然かもしれません。とは言うものの、こだわる方はより高級なものを選ぶはずですから、普段使いとして音楽やラジオを聞く目的のワイヤレスイヤホンとしては合格だと思います。

低価格なところ

なんだかんだ言っても、防水や内部メモリがあるBluetoothイヤホンを5,000円以下で購入できるというのは良いですね。この価格帯であれば、どんなものか試してみるというのも手を出しやすいですし、初めて使ってみるという方にも良いかと思います。

スポンサーリンク

「OVEVO X9」の使用感:気になるところ

もちろん良いところばかりではありません。実際に使ってみて気になったところもいくつ挙げてみようと思います。

やっぱり大きい

着けてしまえばそこまで大きさは気になりませんが、なんとなく重たい気がします。ただイヤーフックも付いているため、ズレたりすることはないのが救いですが、耳が小さい方や女性などはフィット感が気になる方も出てくるかもしれません。
このあたりは、他のイヤホンでもあり得ることなので仕方ないことではありますが。

正直クオリティは価格なり

いわゆる見た目の問題ですが、高級感はそこまでありません。かと言って安っぽいわけではありませんが、大きさと相まってちょっとダサく見えるかも。ただ機能性としては十分だと思うので、とりあえず使いたい、高くなくていいから使えるやつで良いと思う方にはちょうどいいイヤホンかと思います。

内部メモリとBT切り替えが面倒

これは実際に使用して感じたことですが、最初起動したときには内部メモリに保存されている曲を再生する、という設定になっていました。
これをBluetooth接続しているものから再生するためには、電源ボタンを長押しする必要があります。一度設定しておけば、次回からはそのようになりますし、内部で再生したい場合は再び電源ボタンをを長押すればいいのでそこまで気にすることもないかもしれません。しかし最初はビックリすると思うので、どうせなら最初からBluetoothで接続しているものからの再生を設定しておいてほしかったですね。

電源の長押しで起動するアシスタント

これも切り替えが面倒くさいというなかに含まれると思いますが、電源を長押ししたときの動作が多いんです。

1〜2秒長押しでBTと内部の切り替え、3〜4秒押しでアシスタント(googleやSiri)起動、さらに押しっぱなしでイヤホンの電源を切る…というように切り替わっていきます。

BTと内部の切り替えはそこまで影響しませんが、電源を切ろうと思って長押しすると、ほぼ必ずアシスタント機能が起動してしまいます。それを無視したまま長押しし続ければ電源が切れるので、まあ気にするほどのことでもないのですが、毎回毎回「はい、どんなご用でしょう?」が出てくるのは面倒だと思いました。

このあたりはうまく改善できそうな気がするんですけどね。

実際に使用してみて気になるところはこんな感じでした。ぶっちゃけ価格を考えればこの手の気になるところは目を瞑っても良いレベルとも言えますから、実用レベルでそこまで苦労することはありませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

ということでざっくりと「OVEVO X9」についてまとめてきましたが、個人的にはワイヤレスイヤホンはこのクラスがあれば普段使いとしては十分かなという感じです。

そこまで音質にこだわらないということがあるためだと思いますが、日常で通勤や通学で音楽を聞いたり、作業中の音楽を聞くことや動画を見る際に使うなどといった一般的な使い方であれば問題なく使用できますし、そこまで気になることも多くないように思います。

試しにワイヤレスイヤホンを使ってみたいという方や低価格ならなんでも良い方、内部メモリ搭載型のワイヤレスイヤホンがほしい方は使ってみても良いかと思います。

ただ購入に関しては、Amazonでも流通はしているもののかなりボッタクリレベルで高い価格なので、今回提供して頂いたGeekbuyingでの購入をオススメします。

Geekbuyingでは、通常価格が約5,300円となっていますが、提供して頂いたクーポンを利用することで約3,300円とかなり割安に購入することができるので、ご興味ある方はぜひ使って頂ければと思います。

「OVEVO X9」のクーポン

ということでクーポンはこちら。海外通販サイトGeekbuyingで利用可能なクーポンです。

ZHSJIRZN

製品はこちらからどうぞ。

「OVEVO X9」をGeekbuyingで見る

参考までにAmazonの販売品を貼っておきます。