Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

Xiaomiのスマートバンド「Mi Band 4」の実機レビュー!カラースクリーンでより使いやすくなりました

review-mi-band-4 ウェアラブル

今回は海外通販サイトGeekbuyingより、Xiaomiのスマートバンド「Mi Band 4」の実機を提供して頂いたので、あれこれレビューしていきたいと思います。

昨年も「Xiaomi Mi Band 3」という前モデルをレビューしていますが、それに比べてカラースクリーンを搭載したり、充電の接続豊富が変化したりと使い勝手がさらに良くなったモデルという感じです。

ただ、現時点ではグローバルモデルが登場していないため、「Mi Band 4」自体の設定画面で日本語を選べず、中国語あるいは英語のみの言語表示となっています。

もちろん、メールや通知などでは日本語の表示されていますので、前モデルのように今後のアップデートで日本語設定が可能になると思われます。

スポンサーリンク

「Mi Band 4」の基本情報

まずは「Xiaomi Mi Band 4」についての基本情報から。

Xiaomi-mi-band-4

  • 0.95インチ AMOLED カラースクリーン
  • 120×240、450nits、輝度調整対応
  • タッチ操作対応
  • 5ATM耐水
  • アクティビティトラッキング
  • 通知表示、通話拒否機能
  • 最大5つまでの通知表示
  • リストアップ画面点灯機能
  • 24時間心拍数モニター
  • 最大20日のバッテリー
  • (NFC対応モデルあり)

このような感じですね。

機能面などで細かい違いはありますが、基本的にできることは前モデルの「Mi Band 3」と大きく変わりはありません。

大きな違いと言えば、やはりスクリーンがカラー表示になって輝度調整もできるようになったこと、それに伴って画面内に表示できる内容が増えたということだと思います。

ということで、さっそく開封しながらチェックしていきます。

スポンサーリンク

「Xiaomi Mi Band 4」の開封と外観チェック

化粧箱から行きますが、少しずつ熟れた感じが出てきました。

決して安っぽい感じではありませんが、高級感があるわけでもなく、手に取りやすいパッケージです。裏面は中国語ではなく英語表記となっています。

箱から出したところと、内容物はこんな感じ。

本体とUSB直の充電器、英語表記の取説の3点が入っています。

今回提供して頂いたものはグローバルモデルのため、英語版マニュアルとなっていますが、中国向けモデルだとマニュアル含め中国語表記となっているので注意が必要です。

もちろん、この記事を書いている時点(2019/07/10)では、日本語表記並びに設定はありません。

ということで、本体を取り出してみます。

基本的なところとしては、ほとんど前モデルの「Mi Band 3」と変わっていない気がします。

しかし、充電用の接続端子部分が側面から裏面に変更されていますし、若干心拍測定用センサ部分のモッコリが薄くなったように思います。

バンドを取り付けた状態だとこんな感じ。

このバンドも前モデル同様、シリコン製となっています。

皮膚の弱い私でも、日中くらいであれば、この時期でもさほど問題はなかったので、よほど重度な方以外は普通に装着していられると思います。

もちろん耐水性がありますので、腕に「Mi Band 4」を着けたまま手洗いやシャワーなども問題なしです。

スポンサーリンク

「Xiaomi Mi Band 4」を実際に動かす

では実際に起動させる…前に充電しておきます。

review-mi-band-4-011

画面表示もなんとなく変わっていますね。

そして充電の電池アイコンがカラーになっています!すごい進化(笑)

「Xiaomi Mi Band 4」は、前モデルのように充電端子が側面ではなく裏面にあるため、細長い器のような充電器にはめるという感じになったため、前モデルのようにズレてしまい充電できていないということはなくなりました。

これだけでも嬉しいとは思っていますが、やっぱり毎回バンドから取り外すのが面倒かな…。

review-mi-band-4-008

では早速ペアリングを始めます。

スクリーンをタップすればこの画面が表示されるはずですので、スマートフォンにインストールした「Mi Fit」アプリからペアリングを進めます。

review-mi-band-4-012

アプリの指示どおり、Bluetoothで接続して進むとアクティベートが完了します。

設定自体には難しいことはないはずなので、たぶん問題なくできるはずです。

その後、ファームウェアアップデートが来るはずなので、ここも指示どおりに。

review-mi-band-4-014

回線速度にもよるかもしれませんが、おそらく10分程度でファームウェアアップデート含め設定が全て完了すると思います。

review-mi-band-4-015

終われば晴れて使用可能です。

画面をご覧頂ければわかるとおりですが、カラー表示もさることながら、表示内容も「Mi Band 3」より多く、最初のスクリーンで、残バッテリー容量、時刻、曜日と日付、歩数がわかるようになっているのが大きなメリットです。

ここからスクリーンを上下にスワイプすることで、表示内容を切り替えていくわけですが、いずれも見やすさが改善しています。

まず、ステータスという歩数などの表示項目から。

表示されるのは、歩数、距離、消費カロリー、座りっぱなしアラームの通知回数です。

ただ、基本情報の歩数は最初のスクリーンに表示されているので、ほとんどの方はさほど重要じゃないかもしれません。

次は心拍数モニタとワークアウトの項目です。

ここについては、タップして選択するだけですので割愛。
アクティビティトラッキングも簡単にできるというのが良いところですね。

さらに天気予報について。

これもタップすることで、アプリで事前に設定してある地域の天気が表示されるようになっています。

これもスワイプすることで翌日の天気から4日後までの天気予報を見ることができます。

最後に通知機能について。

英語はもちろんですが、ちゃんと日本語も表示されています。

この他のアプリも当然ですが、通知内容の日本語は表示されますので、不便はないと思います。

また、「Mi Band 4」には待望(?)のメディアコントロール機能が追加されました。

review-mi-band-4-028

音楽のオンオフはもちろん、先送りに前戻し、音量の調整もできますので、アクティビティ中や作業中にスマホを触れないときでも手元で操作できるようになっています。

スマホをバックやポケットに入れたまま操作できるので、個人的には一番嬉しい追加機能かなと思ったりしています。

スポンサーリンク

スクリーンの壁紙も変更可能

すでに公式で追加されたり、サードパーティ製など選択肢は増えているようですが、ホームスクリーンの壁紙を変更できるようになっています。

正直プリインのデザインはどれも…という感じですので、自分で新たに追加するかサードパーティ製のデザインを使う方が良いかな。

もちろん初期設定が一番無難な感じで良いので、そのまま使おうと思いますが。

スポンサーリンク

実際に使ってみて

ということで、この記事を書くにあたって1日ちょっとですが着けっぱなしで過ごしてみました。

review-mi-band-4-029

前モデルの「Mi Band 3」を長く使っていた身としては、装着感や使用感に大きな変化はないものの、表示内容が見やすくなったり、メディアコントロール機能が使えるようになったりと、細かいところで利便性が増したように思います。

あとは充電の際にバンドから外す必要が相変わらずあるのが残念ですが、バッテリー駆動時間も長いですし、充電器との接続の仕方も変わったことでしっかり充電できるようになりましたから、全体的に扱いやすくなった印象です。

「Mi Band 4」自体の項目は日本語表記ではありませんが、英語でも簡単な単語だけですし、基本設定を行うアプリ「Mi Fit」は日本語ですので、正直なところ英語版(グローバル版)であれば大きな問題はないように思います。

おそらく、今後のアップデートで「Mi Band 4」の日本語表示も可能になると思いますが、どうしても英語が嫌だと言う方は、しばし購入は待つほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

入門編としてもオススメ

Apple Watchなどの高機能なスマートウォッチとは違い、必要最低限でシンプルなスマートバンドですので、難しいことを考えずに使うことができるため、この手のウェアラブルデバイスの入門編としてもオススメです。

もちろん、運動などアクティビティトラッカーとしても最低限必要な機能は備えていますし、日常生活での運動量を測定するといった目的でも十分に勤めを果たしてくれると思います。

あとはスマホに来た着信や通知をバンドが教えてくれるので、スマホをすぐ取り出せない場面やバッグなどに入れた状態でも気づくことができるので、運動をしない方でも使いどころは多いですね。

何より価格も控えめですので、挑戦しやすいのもメリットかと思います。

また、すでに「Mi Band 3」を持っている方でも、基本的な操作感は変わらないですし、表示内容などが変更され見やすくなっているので、ある程度使っているなら買い換える価値はあると思います。

価格について、今回提供していただいたGeekbuyingから紹介しますが、セール価格で約5,000円となっています。

前モデルよりもやや値上がりしていますが、カラースクリーンや表示内容の変更などを考えれば、この価格であれば十分アリだと思います。

もしスマートバンドに興味を持っていたり、「Mi Band 4」を買おうか悩んでいる方は、購入してみることをおすすめします。

2019/07/11 追記

クーポンが提供されましたので、追記にて紹介です。

セール価格クーポン価格クーポン
Xiaomi Mi Band 4 – Global Version5,027円4,644円3DCVIK2F
Xiaomi Mi Band 4 – Avengers Limited Version8,937円7,561円3EQJW03O

「Mi Band 3」との比較については、後日動画で紹介していこうと思います。