Acerから「Aspier S24 AIO」という新型オールインワンデスクトップが米国で予約開始

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

AcerのAIO(オールインワン)デバイスの新型、「Acer Aspire S24 AIO」という機種が米国で予約開始となりました。
昨年のIFAですでに発表されていたそうですが、ようやく発売の目処に至ったようです。

すでにAcerからはChromebaseを含めて何機種かオールインワンデスクトップが発売されていますが、今回の「S24 AIO」は最も薄く、なかなか面白い機能を搭載しています。

ということで、「Acer Aspire S24 AIO」のスペックなどを紹介していきたいと思います。




Aspire S24 AIO

Aspire S24
OSWindows 10
ディスプレイ23.8インチ
1,920 × 1,080
CPUCore i5-8250U
1.60GHz(4core)
RAM12GB
内部ストレージ1TB(Serial ATA)
インターフェイスUSB-C ×1
USB3.1 ×3
USB2.0 ×1
HDMI ×2
オーディオジャック
価格$899
約100,000円

ざっくりとしたスペックはこんな感じです。
CPUは新しい第8世代のものを搭載し、12GB(DDR4 2,400MHz)のRAMですから、Windows10を動かすにも不便のないスペックになっています。
初期RAMが12GBということですし、ディスプレイ込みで価格もおおよそ10万円以内に収まることから意外とパソコン初心者に良いかもしれないですね。
ただ変わりにストレージがSSDではないので、パソコン慣れしている方にとっては気になるポイントかも。

ただコストパフォーマンスは悪くなさそうです。

また、この機種の特筆すべきところはその本体の薄さもありますが、それ以外にAspire S24のスタンド部分がQi(ワイヤレス給電)をサポートしているという驚きの機能です!
ですので、Qi対応のスマホなどの端末をスタンド部分に乗せておくだけで充電ができるというユニークさがあるんですよね。
なのでQi対応端末を使っている方でパソコンどうしようか考えている方にもオススメできそうな機種です。

ということで。

ただ残念ながらまだ米国での発売が4月末ですので、仮に日本に入ってくるとしても今年のどこかというくらいでしょうか。そもそも日本に入ってくるかどうかもわかんないですね(汗)
日本ではオールインワンっていう呼び方もあまり浸透していない気がしますし、この手のパソコンだとiMacのイメージが強いですから、勝負しにくいんでしょうかね。

あとはChromebaseも人気出てくれればいいんだけど!

一応参考までに現在日本のAmazonで購入できるAspireのオールインワンデスクトップです。
※今回紹介している「Aspire S24 AIO」じゃないですよ

Acer Aspire S24 AIO 製品情報(英語)

スポンサーリンク