小型なのにハイスペックな「VORKE V6 Barebone Game PC」もなかなか良さそう。

VORKE-V6-Intel-Core-i7-6700HQ-MINI-PC Windows

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

先ほど紹介した低価格のデスクトップに続いて「VORKE V6」というハイスペックなのにコンパクトなゲーミングPCも取り上げたいと思います。
しかしこの機種、最安値のものは動作するのに必要なパーツが最低限しかついていないベアボーンPCといってOSとRAM、ストレージがついていないためユーザで用意する必要があります。そのため本体価格はとても安価なのですが、ともすれば高くなってしまうので注意が必要です。

ということを念頭に置いて頂いて、比較的安価に入手できるコンパクトなベアボーンゲーミングPC「VORKE V6 Barebone Game PC」をご紹介していきます。

スポンサーリンク

VORKE V6 Barebone Game PC

VORKE V6
OSなし
CPUCore i7-6700HQ
2.6-3.5GHz(4core)
RAMDDR4-2133/DDR3L-1600
dual-channnel 最大32GB
GPUGTX960M(4GB)
内部ストレージM.2 ×2(PCIE×4/SATA3.0 & SATA3.0)
厚み7mmまでの2.5インチSSDorHDD対応
外部ストレージSDカード
ポートUSB3.0 ×4
USB2.0 ×2
HDMI(1.4) ×1
Displayport(1.2) ×1
オーディオジャック
サイズ幅25.2 ×奥行19.0
厚み 5.1 cm
重さ1.1kg
価格定価 約68,301円
セール 約51,842円
クーポン割引あり

スペックについてはこんな感じです。
採用されているCPUはSkyLake世代のCore i7-6700HQで、主にハイエンドのゲーミングノートパソコンで使用されているものになります。
内蔵グラフィックもGTX960M(4GB)とゲーミングデスクトップとしてはやや非力ではありますが、ゲーミングノートパソコンと比較すると最新機種よりも1世代くらい前の印象で、ビジネス用途や日常使う範囲であれば間違いなくハイスペックな小型PCといえます。
もちろんゲーミングデスクトップPCとしてエントリークラスのスペックは有していますから、下手なコンパクトPCなどよりも動作に問題は少ないかと思います。
また、ディスプレイ出力ではHDMI、Displayportのいずれも4kに対応しており、Displayportを使用すれば60GHzでの出力も可能なようです。

このような内容でセール価格5万円少々というのもなかなか安くて良いかと思います。
とはいえベアボーンですので、OSやRAM、ストレージにかかる費用にも左右されてしまいますが、同スペック帯のノートPCやデスクトップを購入するよりもトータル的にコストを抑えられる可能性が高いです。

もちろんネタ提供元のGeekbuyingよりクーポンコードを頂いていますので、セール価格よりさらに格安で購入できるとなればかなりお得ではないでしょうか。

今回はあくまで「VORKE V6」の紹介なのでパーツについては割愛します。
そうは言っても現状でオススメできそうなRAMとストレージについては、下記のものが良いかと思われます。

いろいろあってトランセンドおすすめです。すみません。

とまあこのあたりを採用しても7万円程度で済みますからお得な感じは間違いなくありますね。
OSを含むと10万くらいになってしまうのはネックですが、すでにお持ちのOSを流用したり、パーツを流用したりすることができればかなり安価でハイスペックな小型PCを手に入れることができそうです。

スポンサーリンク

まとめ

結局のところ、他のパーツ次第というところですが安価で性能の良い小型デスクトップという印象です。
そして今回はGeekbuyingより発行して頂いたクーポンコードを利用すれば本体価格は約46,000円とセール価格より5,000円さらに安く購入することができます。
この分をSSDに回したりできますから、トータル的にもお得になるはずです。

なかなか手を出しにくいところもあるかもしれませんが、安価でハイスペックなミニPCが欲しい方には選択肢としてアリだと思います。

ちなみにクーポンコードはこちら↓
『TFUPYDQW』

製品リンクはこちらからどうぞ↓
VORKE V6 @Geekbuying