LenovoがChromebookに対抗して「IdeaPad 330」「530S」という格安WindowsノートPCを発売予定

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

今回は珍しくWindows搭載のノートPCのネタをお届けします。
といっても、Chromebookでも同じみのLenovoが、Chromebookに対抗して格安のWindowsノートパソコンシリーズを発表したので、それについての情報をまとめておこうと思ったわけです。

発表があったのは、日本でもおなじみの「IdeaPad」シリーズです。
ということで今回は、LenovoがChromebookの値段に対抗してリリースした格安WindowsノートPC「IdeaPad330」と「330S」、そして入っスペックの「IdeaPad530S」などについてスペックなどまとめていこうと思います。
残念ながらまだ全ての情報が明らかになっているわけではないようだったので、知り得た範囲で書いておきます。




「IdeaPad 330」

こちらのモデルは$244.99(約27,000円)からの発売となります。
ディスプレイサイズは14インチ、15インチ、17インチの3種類が用意され、解像度も標準的なHD(1440×1080)、HD+(1600×900)、フルHD(1920×1080)が選択できるようです。ちなみにアンチグレア液晶なので、画面への映り込みを気にする方にはありがたい仕様ですね。

搭載CPUは最高のものが第8世代のCore i7チップで、RAMも4GBから16GBまで選択することが可能なようです。
内部ストレージに関しては、SSD(128GBか256GB)モデルとHDD(1TB)モデルがあります。
さらに個別でグラフィックボードを選択できるようで、GeForceのMX110、MX130,、MX150、GTX 1050などが選択肢として存在しています。

ちなみにバッテリーですが、14インチは最大6時間、15インチが4.5時間、17インチが最大8時間まで持続するようです。
いずれにせよ、Chromebookよりも基本的なスペックは上のようですが、持ち運びというよりも据え置きで使うほうがより効果的な端末のようです。


「IdeaPad 330S」

こちらは「IdeaPad 330」と基本的なスペックに差は見られないようです。
しかし「S」が付く理由として、本体外観がスリム(Slim)になっているため、本体の厚みや重さに影響がありそうです。

また液晶が14インチ、15インチともフルHDモデルとなるようで、いずれも急速充電に対応するとのこと。
雰囲気としてはMacbookProという感じです。

ちなみに価格は$449.99(約50,000円)からとなっています。


「IdeaPad 530S」

こちらも「S」が付く通り軽めの本体で、厚さは約6mmで重さが約1.36kgの14インチあるいは15インチモデル(こちらの重量は不明)となっています。
「IdeaPad 530S」は14インチに主眼をおいているようで、14インチモデルは2,560×1,440という高解像度モデルになっており、バッテリー駆動時間は最大8時間とハイスペックChromebookに対抗し得るスペックとなっています。
ちなみに15インチはフルHDとのこと。

さらに価格も14インチモデルが$799.99(約88,000円)、15インチモデルが$899.99(約99,000円)と同レベルのスペックを有するChromebook(ことPixelbookなど)と大きな差がないWindowsノートパソコンに仕上がっています。


まとめ

なおいずれの「IdeaPad」もUSB-Cポート、USB-Aポート、HDMIポート、SDカードスロットは搭載されていますので、実用的な機種ではありますね。

価格の面を見ても、Chromebookシリーズと確かに差はないWindowsノートPCとなっています。
ですので単純に低価格でそれなりのスペックを持つWindowsノートパソコンが欲しい方にとっては良い機種となりそうです。
しかしChromebookのような手軽さを求めている方にとっては、そもそもWindowsOSがメンドクサイと感じる方も多いと思いますので、そういう層に対してはあまり魅力的ではない感じですね。
しかし10万円を切るWindowsノートPCとしてはディスプレイやスペックも良いですし、メインとして使うかどうかはさておいても、Windows搭載のノートパソコンを必要とする方には選択肢として申し分ない機種かと思います。

ただ現時点で、5月末に米国で発売される予定だそうですので日本に入ってくるかは不明です。
国内に来ればこれはこれで需要ありそうですし、学生用のWindowsノートとしてもアリじゃないでしょうか。

Windowsノートもだんだん安くなってきましたし、やはりChromebookの存在感は海外では大きいようですね。
日本国内でも徐々にChromebookが台頭してくれば面白い。Lenovoの今後にも期待です。

参考元:
Lenovo launches full Windows 10 laptops that are cheaper than some Chromebooks

スポンサーリンク