マウスコンピューターの8インチWindowsタブレット「WN803」が気になったのでスペックをまとめておく

マウスコンピューターの8インチWindowsタブレット「WN803」が気になったのでスペックをまとめておく Windows

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

さて、先日マウスコンピューターからリリースされた8インチのWindowsタブレット「WN803」というものがあったのですが、このタイミングでWindowsタブレットということなので気になってしまいました。

調べてみたところ、スペックはお察しの部分はあるものの、片手で持てるサイズでWindowsのフルOSを搭載しているということなのでもしかしたら需要のある方がいるかも…。

そんなわけで今回は、マウスがリリースした8インチWindowsタブレットの「WN803」のスペックなどをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

「WN803」のスペック

WN803
OSWindows 10 Home
(32bit版)
ディスプレイ8インチ
1,280 × 800
10点 マルチタッチ対応
CPUAtom x5-Z8350
1.44-1.92Ghz(4core)
RAM2GB
内部ストレージ32GB
外部ストレージmicroSD
ポートmicroUSB ×1
microHDMI ×1
イヤホンジャック ×1
カメラメイン 1.92MP
フロント 1.92MP
ネットワークIEEE 802.11 ac/b/g/n
Bluetooth 4.0
バッテリー最大6時間駆動
サイズ縦210 × 幅122 × 厚み10mm
重さ315g
価格約25,000円

スペックについてはこんな感じです。
正直なところ、WindowsのフルOSを動かすにはかなりカツカツな感じがありますが、低価格のWindowsタブレットとしては平均的という感じの内容になっています。

採用されているCPUは、AtomのX5-Z8350という2016年にリリースされたもののため、ブラウジングや動画再生、メールなどであればなんとか問題はない程度になっています。
オフィスなども使うことはできると思いますが、あまり重いファイルやゴリゴリ文章作成をするには向いていない機種かと思います。

サイズ感やスペックを考えてみると、外出先でブラウジングやメールをしたり、時折動画を見る…という程度であれば問題はないんじゃないでしょうか。

マウスコンピューターの8インチWindowsタブレット「WN803」が気になったのでスペックをまとめておく

片手で持てるってのはタブレットとしてはとても便利な部類かと思います。OSはどうあれ。

あるいはモバイルでもWindowsでないと利用できないソフトを使っている場合などで、出来る限り価格を抑えて動けばいいやという感覚であれば、これも良いかと思います。

低価格帯のWindowsタブレットの宿命かもしれませんが、バッテリーの駆動時間がやや心もとないのが難点でしょうか。ただ軽さとサイズ感の良さはあるので、充電器等とあわせて持ち運びもそこまで苦労しないと思うので、このあたりは使い方と相談するのが良さそうです。

スポンサーリンク

まとめ

ざっくりとスペックを見てきましたが、個人的にはちょっと厳しいかなあと思うところです。

しかし、3万円を切る価格でフルのWindowsが搭載されていますから、AndroidタブレットやiPadではできないこと、対応しているソフト・アプリがない場合であったり、オフィスソフトを使いたいなど目的がはっきりしている場合には、お手頃で良いWindowsタブレットと言えるかもしれません。

ただ最近は中華タブレットなどでしか見なくなっているWindowsタブレットなので、今後の動向が気になりますね。

余談ですが、マウスコンピューターは私が初めて自分のノートパソコンを買ったメーカーだったりするので、頑張って欲しいなぁと思います。

8.0型 Windows 10 搭載タブレットPC「WN803」|BTOノートパソコンのPC通販 マウスコンピューター【公式】
マウスコンピューターの8.0型 Windows 10 搭載タブレットPC「WN803」はこちらでお買い求めください。抜群のコストパフォーマンスを実現したタブレットPCです。