ASUSが発表した新しい「ZenBook 13(UX333FN)」と「ZenBook 14(UX433FN)」が気になるのでスペックをまとめておく

ASUSが発表した新しい「ZenBook 13(UX333FN)」と「ZenBook 14(UX433FN)」が気になるのでスペックをまとめておく Windows

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

さて、先日からドイツで開催されているIFA2018ですが、ChromebookやBlackberry以外にも気になる機種が発表されていました。

それがASUSの「ZenBook」シリーズです。実は当ブログでもたびたび取り上げていたりするんですが、今回はさらに進化した「ZenBook」が3種類お目見えしました。

しかし当ブログ的にはこのうち13インチと14インチのモデルがかなり気になったので、その2機種のみをピックアップしていきたいと思います。

ということで、ASUSが発表した「ZenBook 13(UX333FN)」と「ZenBook 14(UX433FN)」のスペックなどをまとめていきます。

スポンサーリンク

「ZenBook 13」と「ZenBook 14」のスペック

ASUS
ZenBook 13
UX333FN
ASUS
ZenBook 14
UX433FN
OSWindows 10 Pro
Windows 10 Home
ディスプレイ13.3インチ IPS
1,920 × 1,080
14インチ IPS
1,920 × 1,080
CPUCore i7-8565U
Core i5-8265U
RAM8GB
16GB
GPUIntel UHD Graphics 620
GeForce MX150
内部ストレージ256GB PCle SSD
512GB PCle SSD
1TB PCle SSD
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×1
USB3.1 ×1
USB2.0 ×1
HDMI ×1
ヘッドホンジャック
AC電源
バッテリー最大14時間
サイズ幅302 × 奥行189
× 厚み16.9 mm
幅319 × 奥行199
× 厚み15.9 mm
重さ1.09kg(ノングレア)
1.19kg(グレア)

スペックについてはこのような感じになっています。

どちらもベゼルが狭くディスプレイサイズの割に本体がかなり小さく仕上がっています。

基本構成はサイズ以外、どちらも共通したものとなっていますがこれまた凄いことだと思います。
本来であれば14インチには重さなどでも差が出てくるかと思いますが、ここも同じ数値だということで、性能を犠牲にせず、かと言って重くする方向へ向かわなかったというところがASUSのホンキというところでしょうか。

CPU性能は、いずれの機種も第8世代のUシリーズを採用していますし、RAMも8GBもしくは16GBと基本的な性能では十分すぎるほどかと思います。
さらにグラフィックスも、オンボードのIntelグラフィックスのほか、オプションでGeForceのMX150を選択することも可能になっています。
このオプションを採用すれば、軽い画像編集や動画編集程度なら耐えられるスペックかと思います。

さらに面白いポイントとして、どちらもタッチパッドにLEDでテンキーを表示させる機能がついています。

ASUSが発表した新しい「ZenBook 13(UX333FN)」と「ZenBook 14(UX433FN)」が気になるのでスペックをまとめておく

こんな感じでタッチパッド右上のボタンをタッチすることで、テンキー表示がオンオフできるということ。
今後もしかしたら、15インチクラスのノートパソコンにこれを導入してくれれば、センターポジションがズレないキレイなキー配列を備えたPCが増えるかもしれないので、個人的には嬉しい限りです。

ざっと見ていてスキのない機種かと思いましたが、少し気になる点がありました。
それはどちらも充電はACによるものだというところ。てっきりUSB-Cでの充電かと思いましたが。もう少し詳しく調べる必要があるかもしれませんが、見た感じではUSB-Cポートでの充電はできそうにないようですね。

スポンサーリンク

しかしバッテリー駆動時間がどちらも最大で14時間とモバイル端末としては合格点以上かと思いますので、よほど酷使したり長時間の外作業を行わなければ問題はなさそうですので、そこまで気にする方も多くないかもしれません。

それにしても、非光沢モデルでどちらも重さが1.1kg程度というのはすごいですよね。どうしてもこのクラスになると、せいぜい1.2kg〜というイメージが強いですから、これほどのスペックを持つノートパソコンがかの「Macbook Air 11」と同程度の軽さを得たというのは驚異的だと思います。

いずれにしても、「ZenBook 13(UX333FN)」と「ZenBook 14(UX433FN)」の違いを見るには、ディスプレイサイズの差に尽きると思いますので、ご自身の使い方やカバンのサイズなどに応じて選択するという程度で良さそうです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりとですが「ZenBook 13(UX333FN)」と「ZenBook 14(UX433FN)」のスペックを比較しつつ見てきました。

正直なところ、どちらを選んでも問題はなさそうですし、むしろCPUやRAMなどどういう組み合わせにするかという感じです。

ただ現時点では価格と発売時期についてはアナウンスされていないようなので、今すぐ検討したいという方にはちょっとタイミングの悪い機種だったりもします。

しかし「ZenBook 13(UX333FN)」と「ZenBook 14(UX433FN)」のいずれも、普段使いはもちろんのこと学生でもビジネスでも使い勝手の良いノートパソコンかと思いますので、一考の価値はあるかと思います。

このクラスでこのモバイル性能だとWindowsノートパソコンもすっごく欲しくなるんですよね…海外含め発売はいつになるやら。

ひとまずASUSの海外公式サイトでは情報は掲載されていますが、国内ではまだ掲載されていないところを見ると、現状での国内販売はまだ未定というところでしょうか。
個人的にはこれまでの流れを考えれば、構成が限定的なハイスペック機としてリリースされそうな気がします。

とりあえず参考まで。

https://www.asus.com/us/Laptops/ASUS-ZenBook-14-UX433FN/

 

Windows
スポンサーリンク
ツイートで最新情報をお届け!
ぜひフォローお願いいたします。
プッシュ通知でも最新情報をお届けしています。
シェアもして頂ければ嬉しいなぁ…
HelenTech.net