Acerが14インチFHDノート「Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)」をリリースします!

Windows

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

この頃はWindowsノートPCでなかなか良い製品を出してくるAcerが、14インチのフルHDなのに970gという超軽量級の「Swift 5 SF514-52T-A58U/BNF」を10月11日から発売を開始するようです!

…相変わらずAcerって型番がわかりづらくて、長いですね。それが一番の欠点だと先に申しておきます。

サイズ的には従来の13.3インチクラスですが、ベゼルを狭くすることで14インチディスプレイを搭載できたという意欲作。

スペック的にも悪くなさそうですし、いい感じに仕上がってるようなので、取り上げてみます。

ということで、「Acer Swift 5 SF514-52T-A58U/BNF」のスペックなどをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

「Swift 5 SF514-52T-A58U/BNF」

Swift 5
SF514-52T-A58U/BNF
OSWindows 10 Home
ディスプレイ14インチ IPS
1,920 × 1,080
グレアパネル
CPUCore i5-8250U
1.6-3.4Ghz(4c/8t)
RAM8GB
内部ストレージ256GB M.2 SSD
インターフェースUSB-C ×1
USB3.0 ×2
HDMI ×1
ヘッドホンジャック
その他指紋センサ搭載
MS Office H&B 2016付属
バッテリー駆動時間約8時間
サイズ幅329.0 x 奥行14.90
x 厚み228.0 mm
重さ970g
価格約140,000円

スペックについてはこんな感じです。

このクラスのノートパソコンとしては、採用されているCPUも第8世代のCore-i5ですし、8GBRAMと日常作業はもちろんのことビジネスシーンでも力不足を感じることはなさそうです。

とにかくサイズの割に14インチのフルHDを搭載しているというところが強いですね。そしてその軽さ。

img_swift5_04

大画面で軽いっていうのは素晴らしいことだと思います。

さらにUSB-Cによる充電・出力が可能ですし、USB-AポートとHDMIも搭載していますので、USBメモリや外付け機器、プロジェクターへの出力などビジネスでも十分に使い勝手の良い機種になっていると思います。

指紋センサも搭載されていますし、セキュリティ面を考えられているのもビジネス向け機種としては良いですね。

スポンサーリンク

軽さと相まって、外での作業や出張などにもちょうど良い機種だと思いますが、若干バッテリー駆動時間が短いのが心もとない点でしょうか。

ただ先程書いたように、USB-Cでの充電に対応していることから、急場はモバイルバッテリーで凌ぐこともできるはずなので問題はないかと思います。

今回のモデルでは、マイクロソフトオフィスがセットになっているところもポイントです。せっかくの機会なので併せて購入を考えている方には良いかと思います。

またモデル違いで、ストレージ容量が512GBのものやタッチ操作に対応したもの、オフィスが同梱でないモデルも用意されているようなので、それぞれが必要な場合、必要ない場合に応じてモデルが選択できるというのは良いところではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、「Acer Swift 5(SF514-52T-A58U/BNF)」のスペックをまとめて来ましたが、14インチのノートPCとしてはなかなか理想的なスペックに仕上がっているんじゃないでしょうか。

ただ型番がわかりにくいってのがアレですよね、いつも思いますけど。
あと個人的にいつも注意して見ているポイントでキーボードのレイアウトの問題もあります。

acer swift 5 keyboard

相変わらずちょっと変則的な雰囲気のするキーボードなんですよね。US配列にもかかわらず。

日本語レイアウトになったときを考えると、ちょっと詰まった感じがありそうで心配なところもあります。

とは言うものの、スペック的にも十分ですし、日常生活で使うのはもちろん、学校や仕事などでパソコンを持ち運ぶ機会の多い方には選択肢として申し分のないノートパソコンだと思います。

販売開始は10月11日からということですが、現状ではビックカメラなどで予約を受付しているようです。
おそらく他もこれから出てくるかと思いますが、参考にどうぞ。

型番違いといえば違うんですが、ほぼ同じスペックのノートパソコンはアマゾンでも取り扱っていますので、こちらも参考まで。

Acer公式 商品ページ