Youtubeはじめました!チャンネルはこちらから

ドンキが「ジブン専用PC&タブレット U1」を発売。10.1インチの2-in-1タブレットで19,800円から

screenshot-www.donki.com-2019.06.04-20-42-07 Windows

当ブログでもお馴染みになりつつある格安の殿堂ドン・キホーテですが、プライベートブランドの情熱価格から、「ジブン専用PC&タブレット U1 RM-A107-SR」というWindows搭載の2-in-1タブレットを6月7日から発売すると発表しました。

まずはスペックについて紹介しておきます。

スポンサーリンク

スペック

ジブン専用PC&タブレット U1
RM-A107-SR
OSWindows 10 Home
(64bit)
ディスプレイ10.1インチ IPS
1,280 × 800
タッチ対応
CPUIntel Atom x5-Z8350
1.92GHz(4core)
RAM4GB
内部ストレージ64GB
外部ストレージmicroSD(最大256GB)
カメラアウト 2MP(AF付き)
イン 2MP
ポートmicroUSB ×1
microHDMI ×1
イヤホンジャック
電源端子
USB-A(2.0) ×2 ※キーボード側
バッテリー5,000mAh
最大6時間
サイズタブレットのみ:252×166×10mm
キーボード含む:252×175×20mm
重さタブレットのみ:512g
キーボード含む:985g
価格19,800円(税抜)
21,384円(税込)

スペックについてはこんな感じになっています。

昨年の7月頃に発売されている「ジブン専用PC&タブレット3」の後継機種というか、アップグレードしたような位置づけの2-in-1タブレットとなっています。

内部ストレージやmicroSDの対応容量などが増え、さらにシリーズ最軽量となる985g(キーボード含む)ということもあって、個人的にはなかなかいい感じにまとめてきたと思えるモデルです。

スポンサーリンク

しかし、採用されているCPUがAtomシリーズですし、2016年のx5-Z8350というのが正直心配なところ。

ただ、中国メーカーなどの格安WindowsノートPCを見ても、同じようなスペックであることを考えれば、国内の販売店が取り扱うだけまだマシか…という程度かと思います。

とは言うものの、2万円ちょっとで買えるわけですし、ドンキであれば大体の店舗には置くはずなので入手性も悪くないので、いざというときの1台や間に合わせ、使い潰すつもりでの1台といった感じで購入するのはアリだと思います。

まだはっきりとした画像がないのでアレですが、見た感じキーボードが日本語配列として無理のない感じになっている気がします。

ただエンター周りの形はUS配列なので、好き嫌いあるかもしれませんが。

そう思うとやっぱり、毎度のことで恐縮ですが、私としてはドンキのこれにChrome OS積んでくれたら良いんじゃないかなあと思ってしまいます(笑)

今回もこんな感じでざっくりと紹介だけ。

発売は6月7日から、全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)にて順次ということです。

興味のある方はドンキのプレスリリース(PDF)をチェックしてみてください。

参考ドンキのプレスリリース(PDF)