Youtubeはじめました!チャンネルはココから

Lenovoが2019年末までに5G対応と1日中使えるバッテリーのノートパソコンをリリースする計画があるようです

Lenovo-Yoga-rumor-5g-laptopWindows

今回は91mobileが報じている匿名の情報からになりますが、Lenovoは5G対応のノートパソコンと1日中使うことのできるバッテリーを持つノートパソコンをインドでリリースすることを計画しているという話があるようです。

Lenovoでインド市場と言えば、先日「Yoga S940」や「S540」、「IdeaPad S340」などエントリーからハイエンドまでの各種をリリースしているので、急速に伸びていることを考えると、可能性として有り得そうな話です。

スポンサーリンク

5G対応と別?それとも一緒?

ここでふと思うのが、5G対応かつバッテリー寿命の長いモデルなのか、別々のモデルを指すのかということ。

一応、Lenovoはインテルだけでなくクアルコムとも協力していることは、Snapdragon 850を採用する「Yoga C630」が発売されたことでご存知の方も多いと思います。

gifbanner?sid=3311002&pid=885662248-Lenovoが2019年末までに5G対応と1日中使えるバッテリーのノートパソコンをリリースする計画があるようですLenovo Yoga C630

Snapdragonを採用するモデルは、処理能力は横に置いておいても、バッテリー駆動時間と常時ネットワークに接続できるという強みがあることは周知の事実だと思います。

5G対応となれば、おそらくSnapdragon 855以上の性能を有するプロセッサを搭載すると考えられますし、一般的なノートパソコン向けプロセッサと比べれば、電力効率も改善されるため、バッテリー駆動時間の延長は期待できそうですね。

スポンサーリンク

さらに91mobileでは、インテルも長時間のバッテリー駆動を目指すため、Project Athenaを発表していることに注目しています。

内容についてはここでは触れませんが、要はインテルもノートパソコンでバッテリーが長持ちするための方法を考えていて、2020年以降の高級モデルでは標準にしたい考えのようです。

そうなると、5G対応モデル(Snapdragon等)はバッテリーの駆動時間が長いというのがイコールになりそうなので、それとは別にインテルCPUを採用しつつ、駆動時間の長いモデルが出ると考える方が良いかもしれません。

単純な処理速度を考えると、Snapdragonでは苦しいことの方が多そうですし。

しかし、今回出てきた情報は、あくまで5G対応と長時間バッテリーのモデルのリリースが計画されているということだけですし、そもそも匿名の情報であるということなので、このあたりの信ぴょう性については各自のご判断でお願いします。

いずれにしても、年内にリリースされれば…という感じですので、今のところは続報を待つしかなさそうです。

参考[Exclusive] Lenovo to launch 5G-enabled always-connected PCs with all-day battery life by December

Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech