Chromebook専門の検索・比較サイトを作りました!ここからどうぞ

ONE-NETBOOKから「OneMix 3 Pro」が発表。第10世代Core i5-10210Yを搭載

one-mix-3s-pro-imageWindows

UMPC市場で勢いのある中国のONE-NETBOOKから最新モデルの「OneMix 3 Pro」が、本日発表となりました。

基本的な外観は、「OneMix 3S」から大きな変化はありませんが、スペック面では最新のIntel CPUである第10世代(Comet Lake)のCore i5-10210Yを採用した点が大きなポイントだと思います。

すでに公式によりスペックが公開されていますが、当ブログでも「OneMix 3 Pro」のスペックをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

スペック

 OneMix 3 Pro
OSWindows 10 Home
ディスプレイ8.4インチ IPS
2,560 × 1,600
10点マルチタッチスクリーン
4,096段階筆圧検知
CPUCore i5-10210Y
1.1-4.0GHz(4c/8t)
RAM16GB
内部ストレージ512GB PCIe NVMe
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×1
USB-A ×1
Micro HDMI ×1
イヤホンジャック
その他バックライトキーボード
指紋センサ
サイズ204×129×14.9mm
重さ約659g

スペックについてはこのようになっています。

あくまで「OneMix 3」シリーズの「Pro」モデルということなので、基本的な構成は前モデルと変わらず、CPUとRAM、ストレージがアップグレードされたモデルとなっています。

とくに第10世代のCPUである「i5-10210Y」は、モバイル向けですがかなり強力で、UMPCにも関わらずクアッドコアとなりますので、重い作業を含めてもかなりパワフルにこなしてくれることが期待できます。

とは言っても、モバイル向けですしグラフィックス性能は大きく変化がないようなので、さすがに動画編集や3Dゴリゴリのゲームをするには厳しそうですが、オフィスソフトや画像編集などであれば、十分にやってくれる性能だと思います。

スポンサーリンク

しかし、そういったグラフィック重視の用途でなければ、RAMやストレージもこのサイズとしては余裕がありますし、「OneMix 3 Pro」を外部出力してUMPCだけどメインPCのように運用するということも可能ではあると思います。

前モデルの「OneMix 3S Platinum Edition」もUMPCとしては、十分ハイスペックなモデルだったと思いますが、この「OneMix 3 Pro」は更に上を行くモデルと言えますので、「Pro」の名前は伊達ではなさそうです。

なお価格や発売日についてはまだ明らかになっていませんが、少なくとも価格はスペックから考えるとかなり良いお値段になりそうです。

それにしても、ここまでスペックあがると、下手なデスクトップやノートPC買わずにコレ1台で何とかしたくなるよね(笑)

Windows
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HelenTech