スポンサーリンク

Xiaomiが「Redmi Note 9T」と「Redmi 9T」を日本でも販売することを発表

xiaomi-release-redmi-note-9t-9t-japanAndroid

中華スマホではお馴染みなXiaomiが、サブブランドRedmiのスマートフォン「Redmi Note 9T」をソフトバンクから、「Redmi 9T」をAmazonなどから日本国内で販売することを発表しました。

価格は、5Gをサポートする「Redmi Note 9T」が2月下旬に19,637円(税別)、エントリークラスの「Redmi 9T」が2月5日から15,900円(税別)で販売される予定で、どちらも低価格となっているのが特徴です。

しかも国内向けとしてリリースするにあたり、「Redmi Note 9T」はFelica(おサイフケータイ)に対応しています。

スポンサーリンク

スペック

 Redmi Note 9TRedmi 9T
OSMIUI 12
Android 10
ディスプレイ6.53インチ
2,340×1,080
パンチホール
6.53インチ
2,340×1,080
水滴ノッチ
CPUDimensity 800U
Snapdragon 662
RAM4GB
内部ストレージ64GB UFS 2.1
外部ストレージmicroSD
(最大512GB)
リアカメラ48MP
2MP(マクロ)
2MP(深度)
48MP
8MP(超広角)
2MP(マクロ)
2MP(深度)
フロントカメラ13MP8MP
バッテリー5,000mAh
最大22.5W充電
6,000mAh
最大22.5W充電
ポートUSB-C
USB-C
イヤホンジャック
その他5Gサポート
側面指紋センサ
Felica/おサイフケータイ
側面指紋センサ
Hi-Res Audio
サイズ162×77
× 9.1mm
162.3×77.3
× 9.6mm
重さ198g
価格(税別)19,637円15,900円

2つのモデルのスペックの違いを挙げていくと、ディスプレイサイズは同じ6.53インチですが、「Note 9T」がパンチホール、「9T」が水滴ノッチとなっています。

CPUがMediaTekの5GをサポートするプロセッサDimensity 800UかSnapdragon 662という違いがあるため、ミッドレンジの「Note 9T」、エントリー向けの「9T」ということになります。

RAMとストレージは共通して4GBRAM/64GBストレージという構成ですが、「9T」にはmicroSDカードスロットが搭載されています。

リアカメラについては、メインカメラは同じ48MPとなりますが、「Note 9T」がトリプル、「9T」は超広角を含むクアッド仕様となっています。

フロントカメラにも画素数の違いがあります。

スポンサーリンク

「9T」は、控えめなスペックとは言えリアカメラも高画素ですし、指紋センサも搭載され、バッテリー容量が6,000mAhと日常使いで困ることはないと思います。

「Note 9T」はより上位の性能に加え、5GをサポートしているだけでなくFelica(おサイフケータイ)に対応しているため、Felicaユーザーであれば「Note 9T」を選ぶ方が何かと便利だと思います。

「Redmi Note 9T」は2月下旬から、「Redmi 9T」は2月5日から販売開始となります。

なお購入に関しては、「Redmi Note 9T」はソフトバンク専売となっていて、すでにソフトバンクにて予約受付中となっています。

もう一方の「Redmi 9T」については、Amazonや店頭で正規代理店品として販売され、すでにAmazonなどで予約開始となっています。

5G非対応でFelicaが必須でなければ、「Redmi 9T」も良い選択肢になりますので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech