YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

ZTEがアンダーディスプレイカメラ搭載「Axon 20 5G」を正式に発表

ZTE-Axon-20-5gAndroid

これまでに何度かコンセプトやティーザー画像がリークされていたアンダーディスプレイフロントカメラを採用したスマートフォンですが、ZTEが他メーカーに先駆けて「Axon 20 5G」に搭載し、市販することを発表しました。

OPPOやXiaomiブランドに先駆けての正式発表となりますが、中身はミッドレンジスマートフォンとして手堅くまとめつつ、価格も抑えられたバランスの良さそうな仕上がりになっています。

スポンサーリンク

スペック

OSAndroid 10
MiFavor 10.5
ディスプレイ6.92インチ OLED
2,460×1,080
CPUSnapdragon 765G
RAM6GB / 8GB
内部ストレージ128GB / 256GB
リアカメラ64MP
8MP(広角)
2MP(深度)
2MP(マクロ)
フロントカメラ32MP
ネットワークWi-Fi ac
Bluetooth 5.1
4G / 5G サポート
ポートUSB-C
バッテリー4,220mAh
30W高速充電
その他画面下指紋センサ
NFC
サイズ172.1×77.9×7.98mm
重さ198g

「ZTE Axon 20 5G」は、6.92インチのOLEDディスプレイと90Hzリフレッシュレートを備えており、DCI-P3を100%カバー、10bitの色深度をサポートしています。

ディスプレイ下に収まっているフロントカメラは、正規販売モデルでは初となっていて、32MPと非常に高画素なカメラとなっています。

Screenshot 2020 09 03 at 01.22.24-ZTEがアンダーディスプレイカメラ搭載「Axon 20 5G」を正式に発表

性能面では、Snapdragon 765Gと6GB/8GBRAMを搭載するミッドハイレンジのスマートフォンとなっていて、4,220mAhと30W高速充電をサポートし、リアカメラは64MPメインカメラと8MP広角、2MP深度、2MPマクロのクアッド仕様となっています。

Screenshot 2020 09 03 at 01.32.44-ZTEがアンダーディスプレイカメラ搭載「Axon 20 5G」を正式に発表

ZTE Axon 20 5G は、冷却機能にも力を入れていて、9つの温度センサと液体冷却+ナノカーボンファイバー+多層グラファイトを用いた独自の冷却システムを形成し、冷却機能を大きく向上させています。

対応バンドについては以下のとおりです。

  • 5G: n1/n3/n28/n41/n78/n79
  • 4G: B1/3/4/5/7/8/12/17/20/B34/38/39/40/41
  • UMTS: B1/2/4/5/8
  • CDMA: BC0
  • GSM: B2 / 3/5/8 4×4MINO

中国においては、主要なキャリアの5Gバンドをすべてサポートしていますが、日本では4G-LTEのバンドはソフトバンク系が最も適していいます。

価格は、6GBRAM+128GBストレージが2,198元(約35,000円)、8GBRAM+128GBストレージが2,498元(約39,000円)、8GBRAM+256GBストレージが2,798元(約44,000円)となっています。

5Gサポートのスマートフォンとしてはかなりお手頃価格となっており、初のアンダーディスプレイカメラなどユニークな機能だけでなく、64MPメインカメラなど実用的な部分も兼ね備えているので、かなり面白い機種だと思います。

正式販売は、9月10日からとなりますが、ZTE公式ストア関連で予約は可能です。