スポンサーリンク

アマゾンでLenovoのChromebook、「Flex 360」と「Slim 360」が販売開始

Lenovo-release-new-mt8183-chromebook-2models-amazonChromebook

今年5月末に日本でもLenovo公式から販売が開始している、MediaTekのMT8183を搭載した11.6インチの「Lenovo IdeaPad Flex 360 Chromebook」と14インチ「Lenovo IdeaPad Slim 360 Chromebook」がアマゾンでも取り扱いを始めています。

それぞれスペックの異なる2モデルが登場していますが、ストレージとディスプレイに違いがあるのみで他に大きな差はありません。

Amazonでの販売価格(税込)は以下のとおりです。

価格だけでみると14インチがお買い得ですが、性能は控えめなエントリークラスのため、11.6インチ向きと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

スペック

Lenovo公式で販売が開始した時点でも紹介していますが、改めてまとめておきます。

Lenovo IdeaPad Flex 360 Chromebook

Lenovo IdeaPad
Flex 360 Chromebook
ディスプレイ11.6インチ IPS
1,366×768
タッチ対応
CPUMT8183
RAM4GB LPDDR4X
内部ストレージ32GB
64GB
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×1
USB-A ×1
イヤホンジャック
ネットワークWi-Fi 5
Bluetooth 4.2
Webカメラ720p HD
プライバシーシャッター付き
バッテリー最大16時間
その他日本語配列
サイズ285×202.7×17.45mm
重さ1.2kg
自動更新ポリシー2028年6月
税込価格32GBストレージ:42,800円
64GBストレージ:46,100円

エントリークラスの11.6インチChromebookで、これまでに他メーカーで販売されているライバルで近いものと言えば「Acer Chromebook Spin 311(CP311-3H-A14N)」です。

スペックはほぼ同じのため、あとは価格とデザイン勝負ですがストレージが64GBを選べるのが「Lenovo IdeaPad Slim 360 Chromebook」の利点でしょうか。

重たい作業は任せられませんが、持ち運んでブラウジングやメール、動画再生などライトな操作であれば十分快適に使うことができますので、手軽に使うことが目的なら検討する価値はあると思います。

なお、この記事を書いている時点(2021/09/05)では、アマゾンでもクーポンが配布されているため、それぞれのモデルが割引となります。

クーポン適用後の価格
  • 32GBストレージモデル : 40,136円
  • 64GBストレージモデル : 43,346円

この価格なら手頃感があって良いと思いますが、ライバルとなる「Acer Chromebook Spin 311(CP311-3H-A14P)」が3万円台前半のセール価格になっているため、苦しい戦いになるかもしれません。

もう少し早くリリースしていれば良い勝負になったと思います。

Lenovo IdeaPad Slim 360 Chromebook

Lenovo IdeaPad
Slim 360 Chromebook
ディスプレイ14インチ
1,920×1,080
・IPS/タッチ対応
・TN/ノングレア/非タッチ
CPUMT8183
RAM4GB LPDDR4X
内部ストレージ64GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×1
USB-A ×1
イヤホンジャック
ネットワークWi-Fi 5
Bluetooth 4.2
Webカメラ720p HD
プライバシーシャッター付き
バッテリー最大16時間
その他日本語配列
サイズ326.6×221.8×18.6mm
重さ1.4kg
自動更新ポリシー2028年6月
税込価格
(クーポン適用)
IPS/タッチ:42,590円
TN/非タッチ:37,664円

続いて14インチモデルの「Lenovo IdeaPad Slim 360 Chromebook」で、こちらも性能面はエントリークラスとなっていて、過去販売された「Lenovo Chromebook S330」のCPUアップグレード版と考えて良いと思います。

というのも、ディスプレイは14インチのフルHD解像度と共通していますが、IPS液晶モデルはタッチ操作に対応し、TN液晶モデルはタッチ非対応となっているだけでなく、名前に360が入っていますが天板が180度までしか開かないクラムシェルタイプとなっているためです。ちょっとややこしいですよね。

ただ、その分価格に反映されているためTN/非タッチモデルは4万円以下で購入することが可能です。

エントリークラスの性能とタブレットライクやテントモードで使うことができないことから、ライトな作業向きの据え置き型Chromebookと考える方が失敗はないと思います。

なおこちらも記事を書いている時点(2021/09/05)では、アマゾンでクーポンが発行されているため、それぞれ以下の価格で購入することができます。

クーポン適用後の価格
  • IPS/タッチ対応モデル : 38,644円
  • TN/非タッチモデル : 33,694円

11インチモデルよりも14インチモデルの方がより手頃な価格となっていて、14インチでの競合は少ないので、個人的には「Lenovo IdeaPad Slim 360 Chromebook」は狙い目かなと思います。

ということで、アマゾンで販売が始まった「Lenovo IdeaPad Flex 360 Chromebook」と「Lenovo IdeaPad Slim 360 Chromebook」をぜひ検討してみてください。

なお公式ストアでも10月3日までの期間限定で、LenovoのChromebookが5,500円オフになるキャンペーンを開催していますので合わせてどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech