Acer が新しい Acer Chromebox Mini を海外発表。法人向けモデル

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

Acer がスペインで開催されている ISE 2024 にて法人向けとなる新しい Acer Chromebox Mini を発表しました。

この Chromebox はファンレス仕様となっていて、デジタルサイネージやKIOSK、POS端末などにおける利用を想定したモデルで、ChromeOS ならではのパフォーマンスやセキュリティ、リモートデバイス管理などを提供します。

様々な周辺機器を接続することも前提にされているため、デバイスの前面には3つの USB-A ポートとオーディオジャック、背面には2つの USB-A ポートと1つの USB-C ポート、2つの HDMI ポート、Ethernet ポート、ケンジントンロックホールが備わっています。また USB-C と HDMI ポートを利用して最大3画面まで出力が可能となっています。ネットワークは Wi-Fi 6 と Bluetooth 5.2 をサポート。

Advertisement

用途や性能・機能面では昨年12月に Lenovo が発表した Lenovo Chromebox Micro とほぼ同じです。発売時期や価格についてはまだ明らかにされていませんが、Lenovoのモデルと同程度の価格設定になると思われます。

なお、今回の Acer Chromebox Mini に VESA マウントキットだけでなくマウスとキーボードが付属しているようです。ChromeOS 向けになると思われますが、最近の Chromebox には付属していないことが多かったので貴重です。

確認できている Acer Chromebox Mini のスペックは次のとおりです。

Advertisement

目次

スペック

OSChromeOS
Chrome Enterprise Upgrade または Kiosk & Signage Upgrade
CPUIntel Jasper Lake (Celeron N)
RAM4GB
16GB
内部ストレージ32GB
64GB
128GB
外部ストレージ
前面ポートUSB-A ×3
3.5mm オーディオ
背面ポートUSB-C ×1
USB-A ×2
HDMI ×2
Ethernet ×1
サイズ161.26×119.85×33.9mm
付属品VESAマウントキット
キーボード&マウス

日本でのリリースがあるかはわかりませんが、法人向け限定でリリースされる可能性はあります。

via Chromebook Live, Tech Bit

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次