Lenovo Chromebox Micro が国内法人向けに発表。デジタルサイネージやキオスク端末向け

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

レノボ・ジャパンは昨年12月にグローバル発表されている Lenovo Chromebox Micro を、日本国内でも企業・組織など法人向けとして発表しました。本日(2024/02/06)から発売となり、販売価格は66,000円(税込)からとなっています。

Lenovo Chromebox Micro はファンレス仕様の約350gのコンパクトなボディに、MIL-STD 810H に準拠した堅牢性やIP5x規格の防塵性能、耐振動性能などを備えており、24時間365日稼働させることにも対応したモデルです。

企業などでデジタルサイネージやキオスク端末として使用されることを想定しており、ChromeOS および Chrome Enterprise Upgrade により高いセキュリティやクラウド管理を利用することができます。

国内で発売された LenovoChromebox Micro のスペックは次のとおりです。

Advertisement

目次

スペック

OSChromeOS
および Chrome Enterprise Upgrade
CPUCeleron N4500
RAM8GB
内部ストレージ32GB eMMC
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
HDMI ×1
Ethernet ×1
ヘッドホンジャック
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.2
サイズ163×79×19.7mm
重さ350g

基本的に海外で発表されたモデルと違いはないようです。

コンパクトな Chromebox なので家庭などでも扱いやすそうですが、法人向けというのが少し惜しいですね。ただコンシューマーでは Chromebook に比べて Chromebox の知名度はさらに低いので難しいのでしょう。

現在プレスリリースは確認していますが、製品ページについてはまだないようです。LenovoChromebox Micro の詳細については Lenovo Tech ブログ でご確認ください。

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次