スポンサーリンク

「Acer Chromebook Spin 513」のLTEモデルは約700ドル?米国の企業向けモデルが登場

Chromebook

昨年、海外で発表されたSnapdragon 7cを搭載した「Acer Chromebook Spin 513」ですが、LTEサポートモデルも含まれているものの、これまでに公開されているレビューのほとんどはLTE非搭載のモデルでした。

また大体のレビューで使用されているのが399.99ドルのベースモデルで、LTE搭載モデルの価格についてははっきりとしていなかったものの、現在は米国の企業向け製品ページにLTEモデルを含むリストが登場しています。

リストに表示されているのはEnterpriseモデルとなりますので、コンシューマー向けのベースモデルよりも高い金額になっています。

スポンサーリンク

コンシューマー向けと価格が異なる可能性はあるにせよ、LTEモデルは最も安価な構成でも699.99ドル必要になります。

RAMとストレージが倍になっているものの手頃感はかなり薄れてしまいますし、米国では「Samsung Galaxy Chromebook Go with LTE」のような安価なLTEモデルが登場しています。

もしこの価格が国内価格に置き換わるとしたら、非LTEのベースモデルでも5万円前後、LTEモデルは8万円台以上になる可能性もあります。

あとは実機を触ってみないと判断できませんが、性能と価格だけで見ると正直厳しいのではないかと思います。

とは言え、まだ日本国内で正式発表されたわけでもありませんし、いつの間にか日本語のコンシューマー向けページが削除されてEnterprise向けページが作成されているくらいなので、一般向けの販売はないかもしれません。

こうなると、日本でLTEをサポートするコンシューマ向けのChromebookは、先日発表された「HP Chromebook x2 11」などに期待するしかなさそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech